タイルシートの貼り方から使い方実例まで紹介。簡単リノベーションが楽しめる。

タイルシートの貼り方

必要な材料

材料:タイルシート、タイル用接着剤、スポンジ、目地材、ハケまたはブラシ状の物、布1~2枚
※この場合は直接接着できないタイプのタイル
①まずはタイルを貼る所と面積を決めて、そこにタイルシートの大きさをを合わせます。
②タイルを貼る所に、ブラシやハケ(くしめがつくものがよい)などでタイル用接着剤を塗ります。
③タイルを貼りつけます。
④タイル表面の貼り紙を、水を含ませたスポンジなどで濡らします。
⑤1分くらいしてから、タイル貼り紙をはがすと、キレイにはがれます。
⑥目地材というものを紙をはがした表面に均等に塗ります。
⑦目地材が乾く前に、濡れたタオルなどで目地以外の部分に付いた目地材を綺麗にふき取ります。
⑧乾いたら完成!

一通り説明しましたが、こんな手間が一切いらない、直接貼りたいところに貼り付けるだけのタイルシートもありますので、気軽にチャレンジしてみてください!

失敗なく貼る方法

そのまま貼りつけるタイプのタイルの場合は、大きさが貼りたい場所とピッタリになるよう、きちんと寸法するだけで大丈夫です。また、材質的に柔らかいものが多いので、貼りたい大きさにカットするのも、比較的簡単に出来ます。ただ曲がると見栄えも悪いので、定規とカッターナイフは使った方が無難でしょう。

タイルを切る時、下の床やテーブルに傷をつけないよう何かを下に敷くことも忘れずに。

また、万が一失敗した時のために、始めから少し余裕を持った大きさを購入しておく方がブナン。後で汚れたりした時の替えとしても使えます。

キレイに平らに貼りたいなら、もちろん平らな場所に貼ること!凹凸があったり、柔らかすぎると曲がってしまう事があるので、平らである+堅めの場所に貼るようにしましょう。

最後に大切なポイントがもう一つ。タイルを貼るのがドア周辺の時は、ちゃんとドアが開け閉め出来るだけの隙間を考えて貼りましょう。「スゴーイ、キレイに貼れた~♪」と喜んでドアを開けようとしたらタイルが引っかかって開かない!なんて悲しい結末にならないように気を付けてくださいね。

キッチンに貼ってお料理も気分よく♪

タイルがマッチしやすいキッチンからまずはチャレンジ

白色が基調になっていることが多いキッチン。また壁も、汚れやすいため、簡単にふき取れるようキッチンパネル素材が用いられることが多いです。

綺麗と言えばそうだけど、そのままではなんとなく味気ない、とまずはキッチンのリノベを考える方が多いようですね。

確かに平らで固いキッチンの壁は、タイルを貼るのに最も適した場所。またキッチンで1番目につきやすい部分ですから、自分のお気に入りにアレンジするのはとっても楽しそうです。

出典: www.nissen.co.jp

柄タイルで海外風のキッチンをつくることができます。明るめなタイルなので楽しく家事ができそうです。お気に入りの柄を見つけてオリジナルキッチンをコーディネートしてみませんか?

DIYに挑戦してみよう!

自由度の高いDIY

設計から完成まで、全て自分好みに出来るのがDIYの醍醐味と言えます。

形や柄、色まで、思い描いたものを形にしていくワクワク感。そして出来上がった時の達成感と、世界にたった一つしかないオリジナルを手に入れた満足感が得られますよね。

自分の好きなようにできるから、とっても自由なDIY.全ては自分のアイデア次第だから、ドキドキワクワクします。

あなたもぜひ、身近なものから、DIYにチャレンジしてみてください。とっても新鮮なドキドキが得られるハズです。

セリアだけでここまでできちゃう!

リメイクの強い味方セリア

100均とは思えない品質の高さとデザインのお洒落さで、女性に大人気の100均ショップ「セリア」。こんな可愛らしいインテリアも、100均のものだけで作れちゃうんです♪

棚にセリアで買ったタイルを貼りつけただけで、色鮮やかでスタイリッシュな飾り棚が完成!上に置いたブーケも、セリアで購入しました。

空間のアクセントとしても素敵なこんなDIYも、100均の物だけで出来てしまうのは嬉しいですね。

賃貸だってあきらめたくない!タイルシートを貼る前に…